ETCカード 自営業 個人事業主にオススメ 手続き簡単!

複数枚の発行も可能だから自営業者や個人事業主に喜ばれています。

ETCカードがあれば経費(交通費)の清算も楽だし、高速道路の各種割引も受けられるし、なにより現金支払いのレーンで列をなして待つ必要が無くなるわけですからメリットは本当に大きいですよね。

 

ETCゲート

 

通常、ETCカードを持つにはクレジットカードを既に持っている場合にはETCカードのみでクレジット機能なしのカードを簡単に発行してもらえますが、事業を始めたばかりであったり、自営業であったりするとなかなかそうもいかないことが多いんですよね。

 

そんな自営業(個人事業主)の方や、事業を始めたばかりの法人にいまとっても人気のETCカードがあります。

 

 

 

それが当サイトでご紹介している、「高速情報協同組合」のETCカードです。

 

自営業者、個人事業主向けのETC専用カード



 

 

簡単な手続きで、わずか10日ほどでETCカードが発行されます。(複数枚の発行も可能)

 

発行に必要な手続きはいたって簡単です。

 

ETCカード 自営業

 

送られてきた申込書に必要書類を添付して申し込むと、よほどのことがない限りETCカードが発行されるようです。

 

もちろん送られてくるETCカードはちゃんとしたカード会社のものですからご安心ください。後ほど「高速情報組合」について詳しく説明しますが、それを読めば心配が無いということがよく分かると思います。

 

高速情報組合のETCカードのメリット

  • クレジットカードの機能が付いていないので従業員や他人に悪用される可能性が少なくなります。
  • 社員や従業員に現金を持たせなくて済みます。
  • 請求書で経費が一括管理できるので面倒なことが減ります。
  • 複数枚の作成が可能です。
  • どんな車にでも利用可能です。(ETC車載器が必要ですが、手渡しでも利用可能です。)
  • 休日割引や深夜割引など最大30%の高速代金の割引が受けられるようになります。

 

高速情報協同組合のETCカード申し込みに必要な書類

ETCカードの申し込みに必要な書類は下記のとおりです。

【1】
●法人の場合
…商業登記簿謄本(写し可)

 

●個人事業者の場合
…所得税確定申告書(写し可)

 

【2】車検証(写し)
【3】ETC車載器セットアップ証明書(写し)

 

 

カードの特徴〜どんな車でも利用可能です。(レンタカーなどの制限なし)

 

ETCカード 自営業

 

 

カードの発行にはいくらかかるの?

必要経費

  • 出資金(脱退時返金):10,000円/1社
  • カード発行手数料:540円(税込)/1枚
  • 取扱手数料:540円(税込)/1枚(年1回)

 

上記に加えて、毎月の高速道路の利用料金、それから請求書作成、信販会社への立替保証などに伴い、毎月の走行金額の5%を手数料として組合に支払う必要があります。

 

 

毎月の支払いはどうすればいいの?

 

毎月の利用料金は一括後払い(口座振替)でOKです。

 

月末締め翌月20日頃に請求書発行、翌々月5日に口座からの振替となります。

 

「高速情報協同組合」ってどんな組織?

 

なるほど、これなら思ったより簡単にうちの会社でもETCカードが作れそうだし、申し込んでみようかな〜、でも「高速情報協同k見合い」って聞いたことない組織だけど大丈夫なんだろうか?騙されたりしないだろうか?

 

という方のために、「高速情報協同組合」がどんな組織なのかを説明しておきますね。

 

「高速情報組合」の目的(公式サイトより引用)


中小企業の事業を多角的にアシストする「高速情報協同組合」。

 

異業種交流や各種、共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートします。
コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など経営活動の促進を目指した事業協同組合です。

 

 

ちなみに創設は、1993年ですから今年で22年目になりますね。

 

そうそうたる公官庁からのお墨付き

高速情報組合を語るうえで絶対に外せないのが、組合を認可している省庁などの公官庁です。

 

●認可省庁

法務省・福岡財務支局・福岡国税局・文部科学省・九州厚生局・九州農政局・九州経済産業局・警察庁・九州運輸局・九州地方整備局・九州地方環境事務所・内閣総理大臣

 

そうそうたる組織がこの高速情報組合を後押ししているわけですが、これは、この「高速情報組合」が、上記の許認可省庁と強いパイプがあるということの証であると同時に、世間で言うところのいわゆる「天下り組織」という風にとらえれば理解しやすいかと思います。
信頼と安心

 

これだけで「高速情報組合」発行のETCカードに全く心配がないということが分かると思います。

 

 

マイレージ登録が出来るカードと出来ないカードをお選びください。

 

ETCマイレージサービスとは、高速道路の通行料金に応じてポイントを溜めて、そのポイントを通行料金に充てることができるというとってもお得なサービスです。

 

基本的に10円利用すると1ポイントマイルが貯まります。ポイントの交換単位と還元額については下記のページにさらに詳しく掲載されています。

 

⇒ETCマイレージサービスとは?(ETCマイレージサービス公式サイトへ)

 

 

マイレージ登録が出来るETCカードの申し込みはこちら



 

 

マイレージ登録が出来ないETCカードの申し込みはこちら



 

マイレージ登録が出来るカードと出来ないカードの違いは、毎月支払う手数料の違いです。マイレージ登録が出来るカードは毎月の通行料金の8%を、出来ないカードは5%を支払います。

 

どちらのETCかーどにするかは、どれだけ高速道路を利用するかによってどちらにするかを選択してください。

 

 

ETCカード個人事業主・自営業.xyz