ETCカード 便利

やはり車で遠出するときにはETCカードは必携ですね。

先日職場の仲間たちと休日を利用して日帰りで山梨に遊びに行きました。全員同じ地域に住んでいることもあり、行きも帰りもひろったり降ろしたりがとても簡単に済みます。

 

以前は高速にのるまでに必ずと言ってほど1時間以上はかかっていましたが、今は圏央道が整備され、またそれにつながる地方の高速も完成しているため、本当に自宅の傍からすぐに高速に乗ってそうした県外へと遊びに行くことが可能になりました。

 

ですが、一つそこでネックになるのが高速料金です。

 

便利になった分、以前よりも1000円増し、2000円増しなんてことが普通にあるのですがETC割りなんてものも世の中には存在していますのでその辺を上手く活用してみると少し高速代を浮かすことも可能です。

 

例えば深夜割引なんてものを使うと毎日0時から午前4時までの利用料金が30%オフになるなんてこともあります。長距離になればなるほど30%オフはかなり大きいので、出発する前に一つ頭に入れておくといいかもしれません。

 

またそれでなくても、今はETCで支払するのと現金で利用するのとでは初めから料金に違いもありますのでそうした面からみても、ETCは高速道路を走る際になくてはならない存在となりつつあります。

 

また、上述の出かけた際の話に戻りますが便利なのはいちいち昔のように現金で高速代を計算する必要がなくなったということです。
しかも、カードは持っていれば誰のETCカードでも利用できますのでいつも私が車を出す際などは予め、別の方がご自分のETCカードを使ってくれと差し出してくれます。

 

そうすると私は自分のガソリン代だけを負担し、あとの高速代などは同乗者たちがその人に支払うといった形でとてもお金のやりとも簡単に行くようになりました。

 

若干ネックなのは、ETCカードを使った際に支払いの催促が大分後になってやってくるという点でしょうか。